<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

9/23 U9交流大会準決勝・決勝

0

    準決勝 VS明和 13-0 

    決勝  VS杉並シーダーズ 0-3


    先週勝ち上がったおかげで、都大会出場をかけた準決勝・決勝に進むことができました。

    コーチは自己都合で暫くレガウの活動に参加できていませんでしたが、単純にこの日戻ってこれるのを楽しみに、また色々な状況をシミュレートして準備をしていました。

    選手たちには、相手に対して、見ているすべての人に対して自分達の「強さ」を思う存分知らしてやろうと。試合開始した瞬間から、最後の笛がなるまで相手に強さを見せつけ続けようと話しました。

    準決勝、話した通りに立ち上がりから立て続けにいい形からコウショウの2得点でスタート。

    前半から多くの選手を投入し、結果的に13得点で無失点で試合終了。ただ、相手のパントキックへの対応や守備の切り替えの部分などで緩さが見えたシーンが多々あったので、これでは決勝に繋がらないし闘えないよと話をしました。

    決勝は杉並の強豪シーダーズさん。試合前のミーティングでは、「会場にたくさんの人が来ているが、ほとんどの人はレガウが勝つと思っていないはずだから、裏切ってやろう。力は絶対にレガウの方が上だから自信をもって闘おう。」と伝えました。あとひとつ、相手の大きな特徴である立ち上がりの勢いとDFからのシンプルなクリアだけ注意しようと話しました。

    しかし、立ち上がり20秒でいきなり失点し、その後立て続けに3失点。いつもなら何でもなく対応できるようなシーンなのに、緊張からくる判断ミスやコミュニケーションミスで自滅してしまうU9の悪いパターンに流れていってしまいました。相手はとにかく全線に人数をかけてそこにひたすらシンプルにボールを送ってくるので、ラインが少しずつ下がってしまい、奪った後もパスの出し手を失ってまた奪われて、、、という繰り返しで前半を終えました。

    ハーフタイム、選手に聞くと全くやられた気がしないし個で勝てると話していたので、後半は相手の全線3枚に対して、かなり無茶ながらもケイコとミタクの2DFで対応するように指示し、前半守備に終われた両SMFをもっと攻撃的にプレーさせようと話しました。

    後半、前半と同様シンプルにプレーしてくる相手に対し、ケイコとミタクの二人はほぼパーフェクトにディフェンスをしてくれたと思います。ただ、どうしても奪った後の質が上がらないと攻撃はできません。やられている気はしない。けど、攻めている気もしない。といった展開で、まさにそれが相手の戦い方であり、結局は相手の闘いに持ち込まれてしまった弱さなのだと痛感しました。

    結果、立ち上がりに失った3点を取り返せずに敗北。

    試合後に話しましたが、自分達の形を出すには自分達の形が何かをもっと理解してそこに自信をもってプレーしなければならないし、なおかつ自分自身の形もまた理解して自信をもってプレーしなければいけません。ずっと言い続けていますが、自分自身の一番の特徴を存分に発揮してください。もし本番で緊張して発揮できないとしたら、それは「経験不足」ではなく「練習不足」です。どんな環境、どんな相手でも絶対に大丈夫だと言いきれるぐらい練習して積み重ねなければいけません。

    それは、選手たちが日々本気で取り組まなければいけない部分でもあり、何よりコーチ自身の責任です。

    ただ、まだ3年生です。コーチとしてもここから更に強いチームにしていくための途中の段階だと思っています。最近よく言いますが、「最後に勝っていればいい」という余裕が必要だと思います。もちろん負けて悔しいのは当然ですが、心のどこかで6年生の1番最後の大会で勝てればいいんだと思っていて欲しいし、それは言い訳ではなく、心の余裕として思っていて欲しいです。

    そして、大事な決勝に出れなかった選手、交代した選手。なぜ出れなかったのか?なぜ交代したのか?コーチは、1回の練習や試合を大切な試合の大切な場面で闘える選手なのかを見極めながら見ています。今まで出ていたとか、関係ありません。その日、その瞬間の選手がすべてです。そこをじっくり考えて見てください。人数が増えてきて、一人一人のプレー時間が限られてくると思います。そして、能力の高い選手ばかりが揃っているので、その瞬間の状態や少しの差で出れる出れないが変わってくるのも事実です。

    闘える選手、自分の力を存分に発揮できる準備を入念にしている選手、そのために行動できる選手、そういった選手が多くプレーすることこそ公平だと考えていますし、逆も然りです。

    もっとコーチが悩んで、メンバーを選びきれないぐらいにアピールしてください。そうやって自力で強くなっていきましょう。


    長くなってしまい申し訳ありませんでした。

    最後に、サポーターの皆様、そして他学年で応援に来てくれた選手やその保護者の方々、本当にありがとうございました。またそれぞれの学年でいい結果を残せるように精進していきましょう!!


    MVP ケイコ選手

    最近DFをやり始めたばかりですが、抜群のプレーをしてくれたと思います。奪った後の質はまだまだですが、周りが見えていることは間違いないと思います。U9だけでなく、上の学年でも活躍できるようにレベルアップしていきましょう!


    土師

    fclegal * 試合結果 * 11:51 * comments(0) * -
    このページの先頭へ