<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アミーゴキッズ U6 | main | U-9交流大会  >>

U10 杉並リーグ

0

    VS 和田ブルドック

    0-3

    GK ジュウゴ

    DF シュン カノ(チハル) ケイコ

    MF コウシロウ(ソウ) イチクラ タク

    FW ミタク


    公式戦後 TRM15分回し


    早朝よりご参加いただき相手していただいた、和田ブルドック関係者の皆様、この度はありがとうございました。今後も各カテゴリにおきましてもよろしくお願い致します。


    試合が流れに流れて1ヶ月半以上ぶりの試合でした。それがいきなりの公式戦でしたが、後期の目標の1つである杉並リーグ全勝というものは早くも消滅しました。この目標に本気で向き合ってこの日の試合を迎えていた選手は数人しかいなかったので当然の結果だと思います。スタメンで出る選手はかなり緊張している選手もいましたが、この試合がなんの試合なのか、どういう大会なのか、そもそもそこまで捉えていない選手がほとんどです。

    この日は怪我でプレーできないヨウジを除くと22人が参加していました。選手がたくさんいることのメリットはたくさんありますが、現状いまのチームは選手層の厚さにはなっていません。厳しいことを言いますが、チームのためにプラスになっていません。

    スタメンの選手もあっさり3点とられて自滅して負けはしましたが、ミーティングで話した内容、練習で取り組んでいる内容をチャレンジするという観点では少しながら手応えを感じました。TRMにしか出られなかった選手のなかにも、まだ技術や能力が追い付いていなくてミスになっているけれど、やるべきことを理解してやろうとしている選手は何人か見られました。


    コーチが評価するポイントは何よりその部分です。理解しているか、チャレンジしているか、ミスを次に活かせているか。同じ試合のなかで何度も同じことを言われている選手はいつになっても同じミスを続けるし、重要なシーンでも同じミスをすると思います。


    ドリブルが上手くなるとか、シュートが上手くなるとか、長い人生を考えるとどうでもいいことだと思います。重要なのは、サッカーを通じて結果に向かってどう努力するのかという経験を今のうちに積み重ねておくということです。

    レガウに入った目的はバラバラだと思いますが、やる以上はスタメンで出ることを目指さなければいけないし、そのための努力をしなければいけません。はっきり言いますがそれをできない選手はU10のメンバーとして活動する資格はありません。必死になりましょう。出れないこと、負けることをもっともっと悔しいと思いましょう。


    ただ、これだけ残念な試合のなかにも小さな収穫は要所要所に見られました。最後に加入しながらも日頃から自分なりに考えて必死に食らいついて練習しているケイタの嬉しい初ゴールもありました!


    そして今週からFORZAリーグが開幕します。具体的な目標を設定している重要な大会なので、試合に絡んで貢献したい選手は、しっかり見直していい準備をしましょう。


    サポーターの皆様、早朝よりサポート頂きありがとうございました。まだまだ未熟なチームですが、今後ともサポートお願い致します。


    MVP イチクラ選手

    本人は緊張していたみたいですが、持ち味のディフェンス能力と運動量で40分間中盤での闘いで勝ち続けたことでチームをうまく助けていたと思います。奪ったあとの課題はまだまだたくさんありますが、積み重ねていけばU10のスタメンだけでなく上の学年でも通用するレベルだと思いました。まずはスタメン定着できるよう努力を続けていきましょう!


    土師

    fclegal * 試合結果 * 21:54 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ