<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Eリーグ 最終節 | main | アミーゴキッズ U6 >>

U-8 キッザニア東京杯

0

    グループリーグ
    vs ヘラクレス
    4-0 ケイジロウ×3、ウタ
    vs VESPAS
    3-1 シュンスケ、ケイジロウ、タイセイ
    vs UL
    1-2 ケイジロウ
    vs 清新ブルー
    1-1 リク

    B組2位突破

    準決勝
    vs FCドリーム
    1-10 タイセイ

    3位決定戦
    vs TOMBO
    3-0 シュンスケ×2、ケイジロウ

    最終順位:第3位

    今大会は優勝チームのみ決勝大会に進出できるレギュレーションでした。チームとして優勝を目指す上で、まずグループリーグを突破するために「初戦をしっかり勝利する」ことをみんなで確認して大会に臨みました。

    グループリーグでは、一試合目を複数得点、無失点でしっかり勝ちきり、間が空いて気持ちを保つのが難しいなかでの二試合目も最少失点に抑えて複数得点を奪っていい流れを作れました。
    三試合目はULとの全勝同士の対決になりました。大量得点している相手に対して、守備では何人かの選手に「相手のキープレーヤーをマークする」という仕事をやってもらいました。前半FKで失点したものの流れの中では相手の攻撃をしっかり抑えることができていました。1-1で迎えた後半も互いにチャンスがある中で、決定力という点では相手が一枚上手でした。
    四試合目は清新ブルーと2勝1敗同士の対決で、引き分け以上で準決勝進出できる試合でした。前半0-1で折り返して、後半は絶対に得点が必要な状況でした。その中で後半の早い時間帯に得点でき、その後追加点は奪えなかったものの無失点に抑えて次に駒を進めました。
    A組1位突破FCドリームとの準決勝では、個人の技術、判断の速さ、チームとしての戦い方など、全ての面で相手との力の差を痛感する試合になりました。大敗した次の3位決定戦は、試合前に「4位で大会を終わるか、3位で大会を終わるか」というところを確認して戦いました。準決勝出場機会がなかった選手が中心となった前半、しっかり得点を奪って無失点で後半を迎えました。後半、準決勝に出場した選手も気持ちを切り替えて戦い追加点を奪って無失点で勝ちきることができました。

    大会を振り返って、チームとしては、全勝対決、グループリーグ突破がかかった試合、決勝進出をかけた試合など「緊張感がある中でプレーする」という機会が多かったことは、これからの公式戦などに向けていい経験になったと思います。
    個人としては、普段あまり対戦することが少ないフットサルのチームとの試合では、同年代の相手選手との個人技術の差を感じることができて刺激になったと思います。
    チームとしても個人としてもレベルを上げていけるように今後取り組んでいきましょう。

    一日応援していただきありがとうございました。







    fclegal * 試合結果 * 20:46 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ