先日放送の内容です。

2020.04.30 Thursday

0

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200429/k10012410901000.html

    試合や全体練習といった活動を休止している子どもたち向けのスポーツクラブの中には、オンラインを活用してさまざまな試みを始めているところがあります。指導者の中にはクラブが子どもたちのコミュニティーとしての役割を持っていることに改めて気付かされている人もいます。

    東京 杉並区のサッカークラブ「FCレガウ」は、幼稚園児から中学1年生まで、およそ100人の子どもたちが所属し、コーチも7人います。

    しかし、今月上旬から試合や全体練習といった活動を休止し、会費も徴収していません。代表を務める青木玲雄さんはコーチたちへの支払いなど経営面に懸念を示したうえで、子どもたちについて「運動不足に加え、予定されていた大会もなくなりました。この先、どういうモチベーションでどういった練習をやっていけばいいのかを考えています」と現在の状況を心配していました。

    こうした中、青木さんが取り組み始めたのがオンラインの活用です。子どもたちに自宅でサッカーに親しんでもらおうと、プロ選手の映像や屋内でできる練習メニューを紹介しています。

    このほか、それぞれの練習の様子を動画で撮影してもらってコーチに送り、映像を見たコーチが個別にアドバイスする方法を提案しています。

    また、子どもたちが集まれる機会を提供しようと、今月12日、オンラインでミーティングを開きました。40人ほどが参加しましたが、青木さんはその時、サッカーの練習の時には見えなかったクラブの役割に気がついたと言います。

    「子どもどうしで大人数でしゃべるということがしばらくなかったので、子どもたちもすごく興奮していて、また違った一面を見ることができました。きのう何をしていたとか、どんなテレビ番組を見ていたとか、ふだん話さないようなことも話していておもしろかったです。コミュニケーションに飢えていたのかなと思いました」。

    子どもたちの評判は上々で、その後も週1回の割合でミーティングを開催、参加率は9割近いと言います。

    今月22日に取材をさせてもらった小学校高学年のミーティングには、およそ40人が参加しました。ここでも子どもたちがふだんの生活について互いに報告しあったほか、サッカーについてどうすれば上達するか、活発に意見を交わしていました。

    参加した男の子の1人は「ミーティングに参加すると懐かしい気持ちになるし、心が晴れます。話が出できることは楽しいです」と話しました。

    青木さんは「前回のミーティングでリフティングの話になったら盛り上がって、そこからどんどん子どもたちが積極的に自主練習をするようになっていきました」とミーティングの効果を説明したうえで「みんなが笑顔で楽しいと言ってもらえるのを見ると、またやりたいかなと思います」と、クラブが持っている子どもたちのコミュニティーとしての役割を改めて感じている様子でした。

    青木さんは10代でブラジルにサッカー留学をした経験を踏まえ「国が違ってもサッカーを通じて仲よくなったという経験が自分にはあるので、年齢や学校が違っても友人を作ってほしいという思いがあります。今は体を動かせない時期ですが、再開できるときにはサッカーの楽しさがより分かるし、友人とのつき合い方や仲間意識がすごく感じられるのではないかと思います」と練習の再開を心待ちにしていました。

    専門家「組織が耐えられるか心配」

    子どもたちのスポーツクラブの運営に詳しい順天堂大学の内藤久士教授は、活動休止によるクラブの経営への影響について「スポーツクラブにはさまざまな形態があり一概に言うことは難しいが、プールなど施設の管理や維持にお金がかかる場合、厳しい状況に追い込まれるのではないか。また、正規雇用でなく、時間契約でコーチやインストラクターをしている人たちが最初に影響を受けるので、クラブが活動を再開したときにこうした人たちが戻ってこられるかどうかが懸念される」とコーチなどの雇用面も課題になると指摘しました。

    また、スポーツクラブが担ってきた育成面への影響については「子どもはすごく伸びしろがあるので、この何か月か十分なトレーニングができなくてもその後に取り返せると思うが、指導者を抱えたクラブ組織が休止に耐えられるかという点が心配される」と述べました。

    一方で、スポーツクラブの活動が再開された後について、内藤教授は「子どもたちがみんなで集まって練習ができるという時には、スポーツをする楽しさとか、ふだんやっていることのありがたさを実感できると思う」と子どもたちのスポーツへの意欲の高まりに期待を示しました。

    また、指導者に対して「改めてスポーツの大切さや価値について考えてもらうと、違った視点で子どもたちを指導できるのではないか。これまで大会で勝つことだけが目的だったけれども、子どもたちが集まってみんなで何かをしていることが大切な価値だということに気付いてもらえればいい」と述べ、活動の休止を前向きにとらえて、コミュニティーの場としての意味合いも含めて、今後のスポーツクラブの運営方針を考えるきっかけにしてほしいと話していました。

    コメント
    コメントする