<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< U10 自主リーグ前期 組み合わせ | main | U-12三井リハウスリーグ Eリーグ結果 >>

U9 キッザニア八幡山

0

    VS ピポーテ  0-3

    VS DJブラック 0-5

    VS 八王子バディ 4-0 

    得点 コウシロウ2  コウショウ イチクラ

    VS FC日暮里 3-3

    得点 コウシロウ チハル ソウ

     

    更新遅くなり申し訳ありません。

     

    U9苦手のフットサル!笑

    に参加してきました。

    今回はボールも3号球ということで、選手はかなり苦戦していたように見受けられました。

    ボールを蹴ることはもちろん、ドリブル、1stタッチなどなど、すべてにおいてサッカーと違った感覚だったと思います。

    選手には伝えましたが、こういった環境だからこそよりスペースを活用するプレーを選択しないと、攻撃自体が後手に回ります。

    今回、試合をしたチームはそのあたりの意識が高いチームが多かったと思います。

    「動きながら考えてベストなプレーをする」サッカーで1番必要なプレーでありながら1番難しいプレーだと思います。

    練習では少しずつ取り組むようにしています。

    そういった面で言うと、3試合目あたりから少しずつ見えてきた部分がありました。

    特に、3試合目のコウシロウの得点と4試合目のチハルの得点。

    両方とも、スペースを有効に使い尚且つ相手の裏をつくようなプレーでの得点。

    コウシロウの得点は1stタッチの質。チハルの得点はコーナーキックをマイナスから走り込むプレー。1つ工夫したプレーをするだけで簡単に得点できることを感じてくれたら嬉しいです。

     

    あとは、これまで培ってきた守備の部分。

    まだまだ足りません。プレー環境が変化しても、守備の原理原則は変わりません。

    攻守の切り替え、高い位置からの守備、球際の攻防、運動量。何度も言いますがU9の1番の強みと生命線はそこです。夏に向かって、厳しい暑さでより心身ともにキツい時期となりますが、そこで発揮できる能力こそが実力です。

    暑いからできない。これは実力ではありません。練習の負荷をもっとあげて、試合で楽にプレーできるように取り組んでいきましょう!

     

     

    土師

     

    fclegal * 試合結果 * 11:45 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ